東京友禅/Tokyo-Yuzen

絵:もぐさ丸。

東京友禅は、京都で作られていた京友禅の技術を活かし、江戸町人の粋のデザインを取り入れた着物です。そのため、華やかな色で雅な模様の京友禅に比べて、東京友禅は藍、茶、白など渋くあっさりとした色使いに特徴があり、模様は細やかでやや小さめ、粋とモダンがコンセプトで江戸時代から作られていました。

元々、江戸時代中期は庶民文化が最高潮に達した時代で、そのため多くの染め職人達が京都から移り住むようになりました。大名の奥方や江戸城大奥の女性達などは、お抱えの職人達がいたほどです。その中で、独自の絵柄を注文し染める事が流行り、現在のようなモダンで洒落た江戸解模様・御所解風模様や有職模様から草花・風物等の写実柄となど形式にとらわれることなく自由奔放に発展してゆきました。

中には、しゃれこうべをデザインしたデザインや、最近では作家さんの気分でこれまでにないデザインのものが誕生するなど、京友禅や加賀友禅に比べて、自由なデザインが目立つのが東京友禅です。

関連記事

  1. 江戸小紋/Edo-komon

  2. 御召し/Striped crepe

  3. 加賀友禅/Kaga-Yuzen

  4. 型友禅/Katagami-Yuzen

  5. 紬/Pongee

  6. ポリエステル(化繊)/polyester

  7. ウール/Wool

  8. スーツ/Suit

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2017.05.26

    ウール/Wool
  2. 2017.05.26

    更紗/chintz
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP