型友禅/Katagami-Yuzen

絵:モッカディート

型友禅が誕生するのは、江戸時代ではなく明治時代です。江戸時代は一般人は絹の着物を着ることができなかったため、すべて手作業で作っていた手描き友禅でも需要と共有をいじすることができていました。

ですが、明治時代に入り誰でも絹の着物を着てもよい時代に入ると、友禅染の着物を着たい需要が増え、それに対して当時の友禅染業界は対応できていない状態でした。

その中で、当時手描き友禅染で有名だった「広瀬治助」が明治時代に入り海外から輸入された化学染料(合成染料)を使い、明治12年縮緬の染色に写し糊をもちい「写し染」「写し友禅」に成功しました。

これをきっかけに型友禅の技法の基礎ができます。型友禅は、容易に多量の染め出しができるため原価を節減することができること、また品質も優れているため一躍呉服業界内でブームとなります。

関連記事

  1. 更紗/chintz

  2. 東京友禅/Tokyo-Yuzen

  3. ポリエステル(化繊)/polyester

  4. ウール/Wool

  5. 京友禅 /Kyo-Yuzen

  6. 浴衣/Yukata

  7. 木綿/cotton clothes

  8. 江戸小紋/Edo-komon

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2017.05.26

    ウール/Wool
  2. 2017.05.26

    更紗/chintz
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP