更紗/chintz

絵:ナコザミトコ

室町時代に海外から輸入染織品を輸入していました。当時の日本で貴重視され、茶人により「名物裂」(めいぶつぎれ)と称されて茶道具を包む仕覆などに利用されていたそうです。

その後、ヨーロッパ大陸とインド及び中国,日本,東南アジアとの交易が盛んになるにつれて生地を輸入、「多色型染めの中厚手木綿」の染布として発展。

日本各地で更紗の模倣品が製作されるようになりました。天草更紗、長崎更紗、堺更紗、京更紗、江戸更紗などが著名なものです。
しかし、一度古い型染めの紺屋が廃業してゆき,明治時代でこの更紗は途絶えてしまいますが、その後化学染料を使用し,薄手木綿に染める機械染めの技術発展のともに更紗も復活しました。

関連記事

  1. 御召し/Striped crepe

  2. ウール/Wool

  3. 加賀友禅/Kaga-Yuzen

  4. 東京友禅/Tokyo-Yuzen

  5. 手描き友禅/Hand drawn-Yuzen

  6. 型友禅/Katagami-Yuzen

  7. 浴衣/Yukata

  8. 江戸小紋/Edo-komon

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2017.05.26

    ウール/Wool
  2. 2017.05.26

    更紗/chintz
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP