御召し/Striped crepe

絵:佐藤鰈

お召は元々柳条縮緬と呼ばれ、天正年間(1573~1592)に中国の織工が和泉の堺(現在の大阪府堺市)へ渡来して技術を伝え、それ以来生産されるようになりました。

その質感は心地よく、また高級に感じられたため貴族や武将を中心に好んで着られるようになります。

その後、第11代将軍である家斉公が好んで柳条縮緬をお召になっているというトレンドが流行り、柳条縮緬はお召縮緬と名前を変え庶民に愛されるようになります。

洋服が流行するまで、大柄な矢羽根やばね柄(矢絣)の御召に、海老茶えびちゃ色の袴姿など女学生スタイルに用いられ、男女問わず愛されてきました。

関連記事

  1. ポリエステル(化繊)/polyester

  2. 東京友禅/Tokyo-Yuzen

  3. ウール/Wool

  4. 木綿/cotton clothes

  5. 振袖/Long-sleeved kimono

  6. スーツ/Suit

  7. 更紗/chintz

  8. 型友禅/Katagami-Yuzen

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2017.05.26

    ウール/Wool
  2. 2017.05.26

    更紗/chintz
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP